あげおをもっと楽しく 上尾広場

2019年10月から幼児無償化ってほんと?!うちも対象になるのかしら??

対象になる子どもはこちら!

幼稚園、保育所、認定こども園に通っている、3歳から5歳までの全ての子ども、及び0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子。保育所といっても、昨今は様々な種類の施設がありますが、地域型と呼ばれる小規模保育、家庭的保育、事業所内保育ももちろん対象となります。

認可外保育施設については、保育の必要性がある(2号認定)場合に限り、月額3.7万円までの利用料が対象になります。

※対象とならない幼稚園については月額2.75万円を上限として無償化されます。

対象とならない費用もあるので注意!

 

給食費と呼ばれる食材料費、幼稚園バスなどの通園送迎費、遠足等で別途支払いがある場合の行事費は実費です。

幼稚園は3歳を迎えた日から対象!預かり保育料はどうなるの??

ここでいう3歳とは、満3歳を迎えた4月からとなりますので、年度の途中で3歳を迎えても、その年は3月末までは対象とはなりません。ただし、幼稚園においては、就園奨励補助により満3歳以上の子を対象としているため、満3歳になった日から無償化の対象となります。

ただし、預かり保育料については、翌年度4月から、上限月額1.13万円までの範囲で無償化の対象となります。

一時預かりや、病児保育は??

一時預かり、病児保育、ファミサポなど複数のサービスを組み合わせて利用しているお子さんも無償化の対象になりますよ!

就学前発達支援も無償化の対象!

 

満3歳になった4月から小学校入学まで、児童発達支援、福祉型の障害児入所施設の利用料も無償化されます。幼稚園、保育所、または認定こども園とこれらの発達支援を併用されている場合も、ともに無償化の対象となります。

参考資料:内閣府 子ども・子育て会議資料より

こちらもチェック