あげおをもっと楽しく 上尾広場

取材してきました!

上尾市店主がこだわった激うまラーメン「麺処ろくめい」

みなさん、こんにちは(^^♪

上尾広場管理人の甲原です。

本日は、上尾市民体育館すぐそばの麺処ろくめい店主の原さんに取材に行ってきました。麺処ろくめいさんは、2017年に開業したばかりの大人気ラーメン店です♪

寒い季節にぴったりのラーメン。食べたくなりまよね~。麺処ろくめいさんは、女性人気も高いんです♪ その理由も後ほど、お伝えします。

激うまラーメン「麺処ろくめい」

店主の原さん

店主の原さん

スープを注ぐ原さん

スープを注ぐ原さん

麺処ろくめいを始めたきっかけは?

今までの飲食の経験を活かしたラーメンを自由に作りたいと思ったからです。また、埼玉県にはいくつもの醤油蔵があり、スーパーなどでは手に入らない醤油もあります。身近な存在である醤油ですが、実は意外とあまり知られていないのです。そんな醤油のうまさをもっと知ってもらいたいという思いもあり始めました。

開業までのエピソード

20代前半まで創作居酒屋、和食店などで料理の基本を学んでいきました。20代後半からは、つけ麺やさんで店長を8年間勤め、29年4月に当店を開店しました。看板メニューである中華そばを試作するきっかけとなったのが、休日にたまたま訪れた坂戸市にある弓削多醤油蔵の工場見学でした。醤油の作り方や熟成のさせ方を見て学び、「こんなにうまい醤油があったのか」と感激しました。

人気メニュー

やはり中華そばです。約五割の方が注文されています。次に海老塩そばです。スープ、たれ、油全てに海老を使った、強烈に海老が香るラーメンです。海老が苦手な方は、ご遠慮いただいております。女性からの支持が多く、海老が好きな方に是非食べていただきたい一杯です。

【弓削多醤油使用】中華そば

【弓削多醤油使用】中華そば

麺処ろくめいのこだわり

特にこだわっているのが、食材と調理法です。例えば、一言で昆布といっても様々な等級があります。

等級が高ければ旨いとは限りません。乾物の旨味の出やすい温度と煮込み時間を知る必要があります。

当店は食材によって水の種類を変え、適切な温度と時間で調理しています。水はエレン整水器という特殊な整水器に水を通すとこによりキメの細かい水になり、食材への浸透率が格段に上がるエレン水を使用しています。アクの多い食材にはミネラルが豊富な水を使い、アクを出しやすくしています。旨味を多く抽出したい場合はエレン水と水を使い分けています。またチャーシューは、ラーメンスープと一緒に煮込み、お肉の旨味をスープに加えていくのが一般的な作り方ですが、当店は個別に仕込んでいます。生醤油のみで味付けしたお肉を一本ずつ真空パックし、低温で湯煎しています。こうすることで肉汁を閉じ込めたチャーシューにしています。ただ、これだとスープにお肉の旨味が加わらないので、鶏ガラの量を増やすことで補っています。※エレン水とは、エレン整水器を通した水

醤油へのこだわり

日本人なのにあまり知らない醤油。材料や作り方の違いで5種類の醤油があります。濃口醤油、薄口醤油、再仕込み醤油、たまり醤油、白醤油。またこれらの醤油の加熱処理されていないものを「生醤油」といいます。

更に生醤油は酵母菌や乳酸菌などの菌をフィルターろ過したものと、ろ過していないものに分かれます。フィルターろ過せず、もろみを絞ったままのものを「生(き)揚げ醤油」といいます。菌が活きた、とても香りの良い醤油です。当店の中華そばには濃口醤油(生揚醤油)と再仕込み醤油を使用し、生揚醤油ならではの香りとキレを一杯に詰め込んでいます。

原さんの考えを変えた醤油蔵

醤油蔵

休日に奥さんとデートしている時に、醤油蔵が近くにあると知り、二人で行きました。醤油蔵につくと、今まで嗅いだことのない醤油のいい香りが漂ってきました。原さんは、当時からラーメン屋を始めるつもりでしたが、醤油は市販のものでもいいと思っていました。しかし、醤油蔵を見学し原さんの考えは変わりました。作り立ての醤油を味見したとき、とてもつもない旨味と香りを感じました。この醤油を自分の店で使い、醤油を広めたいとすら思ったそうです。

弓削多醤油につけたチャーシュー

弓削多醤油につけたチャーシュー

実際にチャーシューを切っているところを拝見させていただきました。おいしそうなチャーシューですね。大きくてびっくりしました。

女性人気が高い理由

1. ヘルシーで栄養価が高い全粒麺

弓削多醤油につけたチャーシュー

女性人気が高い理由の一つが、全粒麺を使用している事。全粒麺は、全粒粉から作られ、食物繊維や鉄分・ビタミンB1などを豊富に含みます。ラーメンは一般的には、太りやすいなどのイメージがあるが、全粒麺を使用することでヘルシーで栄養のある一品になっております。

2. 盛り付けにもこだわりが

盛り付け

ラーメンを食べる人のほとんどが、まずスープを飲み、その後麺を食べます。その時にトッピング具材が手前にあるとスープが飲みづらい。そこでトッピングは奥に置き、手前には麺にしているそうです。こういった細かい気遣いが女性人気の高い理由なんだなぁと感じました。

ちなみに

奥さんと二人三脚でとても仲が良いお二人で一緒に店を切り盛りしています。

奥さんは、三人目のお子さんを妊娠中だそうです。とても美人な奥さんです。

奥さんと二人三脚

実は海老ラーメン専門店を開くつもりだった

海老が大好きな原さんは、海老ラーメン専門店を作ろうと思った。ラーメンのおいしさを分かってほしかったという。しかし、海老はアレルギーの方も多いため、せっかく食べに来てくれても、出せないのは申し訳ないと思い、醤油ラーメンを考えたそうです。醤油蔵との出会いが無ければ、麺処ろくめいの醤油ラーメンは無かったのですね。

取材に行って、様々な話しや作っているところを見させていただきました。とてもおいしいラーメン屋「麺処ろくめい」ぜひお立ち寄りください。

お問い合わせ先

こちらもチェック
ラーメンMAP
広場Shop
イベントカレンダー